【日本人×大麻×海外=合法?】(注意点あり)日本人はカナダなどの大麻が合法な国へ旅行や観光で行っても吸えないのか?

 

こんにちは、たくま(@takuma_neotrip)です。

最近、キャンピングカーでカナダ一周をしながら大麻を吸い、絶景を見るという夢が増えました。

 

私は先日こちらのツイートをしました。

https://twitter.com/takuma_NEOTRIP/status/1163677224840470528

先ほどこの様な質問がありました。

『合法な国だったら日本人でも吸っていいんですか?』

結論は『問題ないです』 

仕組みとしては賭博が違法な日本でも

海外の合法なカジノに日本人が

行って帰っても問題ないのと同じ理由です。

補足ですが日本では使用に対しての取り締まりはありません。

こちらについて深掘りをしていきます。(今回はカナダのバンクーバーを例に記事を解説します

 

この記事は3分程で読む事ができ、読むことにより日本人がカナダなどの大麻が合法な国で所持や使用をした場合に違法になるのかを理解する事が出来ると思います。

日本での大麻所持は固く禁じられているので、大麻に触れてみたい方は所持が合法な国で触れてみてください。

 

ちなみに私が実際に2ヶ月間大麻を吸い続けた結果を記事にしましたので大麻に興味がある方にお勧めです。

 

そもそもカナダの法律で日本人でも大麻の購入や所持は合法

これは当たり前で書くまでもないかもしれませんが、まずカナダにいる間はカナダの法律が適用されます。

そして日本人がカナダの警察官の前で大麻を所持や使用をしても一切問題なしです。

なぜならカナダの法律で大麻所持や使用は合法だからです。

この時点でカナダでの法律はクリアしている事となります。

 

日本人がカナダに行って大麻を所持しても問題なし

今回のこの記事を書くにあたり、国語力が低く文章を読むのが大嫌いな私(笑)が他の方が書かれているブログやニュースの記事を読み漁りましたが結局どちらとも言わずの様な記事が多く感じました。

そこで一番参考となった記事がこちらです。

https://news.yahoo.co.jp/byline/sonodahisashi/20181018-00100964/

『カナダで大麻を使用して帰国した日本人旅行者や留学生は大麻取締法によって処罰されるのだろうか』という記事なのですが弁護士の方が書かれているものなので信憑性がある記事です。

 

上にリンクがあるので見ていただければ詳しく書かれており、私が今回書きたいことの大半以上が書かれているので詳しくまでは書きませんが

日本人が日本へ帰国した際にカナダでの大麻の所持や使用によって日本で逮捕されてしまう=カナダ人がカナダで大麻を所持や購入していた場合は日本に観光で入国しただけで逮捕される事になってしまいます。

もしこれで逮捕される様な事になるならば確実に日本は世界的にやばい国として認識され観光客の大幅な減少へと繋がるでしょう。

  

実際に逮捕者がいない!?

インターネット上で情報を漁りまくりましたが

大麻が合法な国で使用や所持をして帰国をした際に日本人が逮捕された事例は一件も見つかりませんでした。

更に過去にその様な事例があるのなら弁護士の方がわざわざ先ほどの様な記事をあげるとは思えません。

 

ただし注意点としてですが、先日知人から教えていただいた情報で

バンクーバーからシアトルに移動する際に大量の大麻を所持しており日本人が日本へ強制送還となった友人がいるとの事でした。

 

国によって所持していいマックスの量は決まっていたりするので

合法な国でも基本的に大量の大麻を持っての移動は避けたほうが良いかもですね。

 

海外で大麻を所持する際に気をつける点

ここまで解説してきた事は全て合法な国(今回はカナダを例にあげました)で完結する場合のみです。

例えばですが

  • カナダから日本に大麻を送る
  • カナダから日本に大麻を持って帰る

当たり前ですがこの様な場合は適応外となります。

 

更に気をつけないといけないのが、先ほどの所持してもいい量もそうですが

身体に大麻の植物片がついていて気づかず日本に入国した場合は、一応大麻所持に当てはまるそうですので身体や荷物に植物片がついていないかなどのチェックはした方が良さそうです。

 

ただしTHCが含まれていないCBDボングやパイプ(勿論未使用の物でお願いします笑)を持って日本に帰国する事は問題ありませんのでお土産に持っていくと喜ばれる物ですね。

 

結果
  • カナダで法律では大麻の所持や使用は何の問題もない
  • 日本人が大麻が合法な国で所持や使用をしても問題にならない(過去に前例なし)
  • 合法な国でも所持しても良い量には気をつける
  • 植物片が身体に付着していないかも注意が必要

 

大麻には無限の可能性があるので合法な国で嗜好品としても医療面でも大麻に触れてみよう!という様な興味のあるが方が増えたら嬉しいなと願っています。

 

もしカナダで大麻に触れてみたいという方はTwitterのDMにてご連絡ください。

ツアーなども承っております。Twitter(@takuma_NEOTRIP)

 

最新情報をチェックしよう!